yeppun_iの日常的スクラップ

hwagaja.exblog.jp
ブログトップ

反省、だけど…

今日と言うか、昨日は大学時代の友達との新年会でした。今更ですけど。
毎年、年末か年始に集合しています。

今回は4人集まり、その中の一人に主婦やってる人がいます。
彼女は、まあいわゆるサヨク的な考えの持ち主で、
去年の忘年会でも「アタシは自衛隊のイラク派遣に反対なの」という意見を唐突に切り出し、
「自衛隊イラク派遣大賛成、憲法9条は邪魔」という私の意見と真っ向から対立するのでした。

今年の新年会も、彼女から切り出しました。
彼女は尖鋭的なサヨクさんではなく、ほんとうに純粋に、
「戦争はイヤだ」「アメリカの軍隊はイヤだ」「小泉は大嫌い。なんで靖国に参拝するんだ」
「だって、日本は朝鮮に戦争中ひどいことしたんでしょ?」と、
言い換えると、無垢な子供が訴えるかの如く意見を言うのです。

私は彼女に「靖国参拝はね、戦没者の遺族が参拝して欲しいって希望してるからなんだよ」
とか「中国や朝鮮の死生観と日本の死生観は違うんだよ」と教えてあげると、
「え、遺族が希望してるの?」とか「ふーん、そうなんだ」と答えます。
そんな調子で、アメリカの軍隊が日本にいる意味も、まあ浅い知識ながら説明しました。

でも彼女はこう言うのです。
「アメリカが日本の代わりに国防をやってくれているのは分かるけど、出て行って欲しいの」
私が「そうしたら、日本が自分で国防をやることになって、核を持たないといけなくなるよ」と言ったら、
「それもイヤなの。相手を威嚇するために武器を持つのは、アメリカの銃社会みたいでイヤなの」と。

私は、おととい昨日のことがあったので、思わず新年会という席を忘れて(幹事なのに)、
熱くなってしまったのです。

「そんな平和的に解決しようなんていう台詞は、安定してる社会にいるからこそ言えるんだ」
「日本の周りは頭オカシイ国ばっかりなのに、非武装なんて非現実的だ」
「アメリカばかり批判しないで、中国の人権弾圧や軍拡、朝鮮半島はどうなの?」

と聞くと「中国とか韓国は興味ないの」と答えました。

それじゃあ朝日新聞と同じなんだよね。もっと勉強しなきゃ。
日本のメディアは中国に批判的な記事は書かないんだから、あっちの主張を鵜呑みにするな。
生半可な知識で判断したらダメだよ。


と、結構キツイ口調で言ってしまいました。
温厚で素直な彼女なので、ちょっと傷ついたかなぁ…と、反省しています。
いちおう、さらっとお詫びメールを送りましたが。

でも、ちょっと言いたいの。

国防っていうのは戦争するためだけにあるんじゃなくて、戦争を起こさないためのものでもあると思うんです。
外交とか国防なんて、どちらかの国にだけ有利に働く一方的なものでなく、
相互補完的な利害関係でなされるものなんですから。
誰だって戦争なんて望んでいないし、殺すのも殺されるのもイヤです。
だけど、自分の家に強盗が入ってきて財産と命を奪われそうになったら、戦いますよね?
自分のために、家族のために。
それと同じだと思うんですけどね。違いますか?

さらに、在日米軍はなにも日本のためだけに駐留しているわけじゃありません。
例えば、台湾が独立しようとして本気で中共と戦争することがあったら、
アメリカ(と微力ながら日本も)の力がどうしても必要になります。
先日の台湾旅行のガイドさんもそう言ってました。
しかし、彼女にはそういった視点がまったく欠落しているのです。東アジアは興味ないそうですから。

確かに日本はアメリカに迎合している、日米地位協定も納得がいかないのもよく分かる。
でもそこでアメリカ軍の駐留そのものを反対したら、「じゃぁ自分たちでやってくれよ」って言われるんです。
そうしたら、他に何か代案あるの? 軍隊イヤだとかじゃなくて、具体策をあげてくれ。
仮に中国や北朝鮮が日本の国土を侵してきて銃を向けられても、話し合いで解決するのか?
って、本気で怒り出しそうになってしまいました。

理想主義の人たちの意見は確かに立派です。そうなるものならぜひ実現するといいですね。
でも、ぜんぜん現実的じゃないんですよ。ポエムなんです、ポエム。
EUみたいに、東アジアも連合できるといいね。
でもそれはたぶんあり得ないと思います。





…あーあ、もっと楽しいこと書きたい。
[PR]
by yeppun_i | 2005-01-30 00:52 | 日記