yeppun_iの日常的スクラップ

hwagaja.exblog.jp
ブログトップ

2005年 03月 09日 ( 1 )

今日は何の日 ○○○ー♪(著作権考慮)

今から14年前の今日3月9日,ワタクシいっぷにが語学留学のため韓国へ旅立った日でございます.
当日のことを振り返ってみて,覚えていることは….

「じゃあ,行ってきまーす」と家人に挨拶をして家を出た.
成田までは一人で行こうとしたけれど,当時仲がよかった友達が京成上野から付き添ってくれた.
(余談だけど,彼とはこの3年後に付き合うことになった…今となっては氏んでほしいくらい嫌いな男であるが)
一人で京成上野の改札の前に立って彼を待っていたら,酔っ払いに執拗に絡まれて怖かったのを覚えている.
(うー,Kくん早く来てくれ~,と思いながら待っていた)

成田発のアシアナ航空で,ソウルの金浦空港へ飛んだ.
現地のお迎えは当時付き合いがあった韓国人の知り合いが来てくれていた.
到着してみるとソウルは曇り空,仄かに粉雪がちらついてとても寒かった.
着いた当日は新村の旅館(※韓国の旅館は「ビジホ+ラブホ÷2」)に泊まって,次の日から下宿探しとなった.

学校が始まるまで2週間ほどあり,一人で街に出かけたり現地の友達と遊んだりして過ごした.
その後プレイスメントテストを受けて4級に入ることが決まり,23日から授業が始まった.
そうして,その年の12月までソウルでの生活が続いたのであった.

ここで私は,韓国が嫌いだとか,韓国人の悪いところだとかを書き綴っているが,
そんな国でも私が青春の一時期を通してのめり込んだ国なのだ.
妄想的な情熱(笑)を以って,一生懸命理解しようと試みた国である.
それは事実.
だから,嫌い嫌いとは言っても,愛着があることには変わりないのだ.

ただその分,反動というか失望感ももの凄かったんだけどね…

嫌いだけど懐かしい.それが私の韓国に対する感情.
いわゆる嫌韓の人たちと私が違うと思うのは,そういうところなのだ.
たとえて言うと離婚した旦那に対して,
「あんたと暮らすのはまっぴらゴメンだけど,たまに会ってご飯くらいならいいよ」ってカンジかなぁ.
まぁ,結婚も離婚もしたことないから分からないんですけど(笑

**************************************

ところで,韓国へ行く前に,後ろ髪を引かれる思いで気にしていたこと.
それは「若人あきら失踪&記憶喪失事件」!
ちょうど出発の4・5日前にこのおバカな騒動が起きて,これの行く末を気にしつつ私は旅立った(笑).
どなたかこの顛末を詳しくご存知の方,教えてください(検索しろ>アタシ).

現在は,がしゅういん(漢字分からん)何とかになってるんですよね.
[PR]
by yeppun_i | 2005-03-09 12:44 | 日記