「ほっ」と。キャンペーン

yeppun_iの日常的スクラップ

hwagaja.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ついにローンに手を出した

恐怖の月末になった。

今月の家賃の支払いを来月の給料日まで待ってもらいたい、
と留守電を2度も入れた管理人(じいちゃん)さんが捕まらない。

このままの状態では、もう確実にマイナスになることが分かっている。
申し込むなら昨日が最後のチャンス、というわけで昨日ローンを申し込んだ。
でもアイ◎ルとかプロ◎スとかノンバンク系ではない。
あんなとこ怖くて利用できない。

金利も4.32%ととっても良心的。
ありがとうア◎コ!
給料が入ったら速攻で全額返済いたします!
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-27 22:06 | 日記

病み上がりMさんと会う

昨日は凍えるような寒さの中、病み上がりのMさんに会うため出かけた。
今月は前半はインフルエンザ、後半は通常の風邪と最悪の体調だったそうだ。

私は私で出かける直前に食事をし、1時間もしないうちにまた食事をしてしまった。
恐ろしいことに完食してしまったのが下の写真。

b0018694_9314857.jpgb0018694_9321146.jpg←こっちを完食

Mさんに会うと、自然と韓国についての話題が多くなる。
当然韓国に対しての基礎情報があるので、
普通の日本人に話すような手間が省けて楽チンだ。
周囲に聞かれたくない話になると二人して韓国語で話す(笑)。
(※注:うちらは日本人ですよー)
最近やったいくつかの韓日翻訳の文を見せて、
「上手いね。翻訳会社に登録したら?」と言われ、その気になる。

彼女はタイヘンな努力家であり、
なんと40歳を過ぎたらまた韓国に留学したいと言い出した。
外大の同時通訳科で勉強したいんだそうだ。
ひょぇ~、マジですか!? また行っちゃうの~?

留学時代の話になるとお互い20代の頃なので懐かしくなる。
Mさんが住んでいた下宿「越後屋」のアジュンマの話や、
サロンで働かされそうになった話(笑)、
私の下宿に洗濯機がなくてタイヘンだった当時の話などなど、とっても和んでしまう。

彼女の勉強したい気持ちと、翻訳文を褒められたのとに刺激され、
15年ぶりに韓国語の勉強でもやってみるか、と思ってしまった。

その前に、電子辞書がほしいな!
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-27 09:47 | 日記

これ見たかった

『悲しい日本人』田麗玉氏が歌手・趙英男氏と「親日論争」


これ見たかったなぁ。
反日VS親日の争いに、産経の黒田さんが立ち会うっていうんだもん。

立場は逆のようですが、田氏も趙氏も頭の中がお花畑なのは大差ないです。
『悲しい日本人』は韓国人の妄想オンリーで書かれたただの言いがかり文だし、
趙英男氏は「冬ソナブームは、日本人の謝罪の心の発露から起こった」とか言うし。

黒田さんもタイヘンだわ。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-26 12:54 | koreaなこと

ふーん、女だけの問題なのか?

世界に配信された「ニッポンの未婚女性と独身願望」調査結果 | Excite エキサイト

ええっと、まずは一言。
私の場合ですが「独身で居た方がシアワセ」、とは思っていません。
私は単純に「相手が見つからない」これだけです。

というか、相手が見つかる見つからないの前に、
まともに相思相愛になったことがないんですけど(笑)。
恋愛至上主義者ではけっしてないですが、
私は嫌いな人と一緒にいることが苦手。それだけでも苦手。
究極的には、「私はこの男と寝ることが出来るか否か?」(笑)
私に惚れてくれた人は、申し訳ないけどこれがクリアできずにお断りした人がほとんど。

それが否ならば独りでいたいと思う人間なので、結果的に独りになっているということ。

でも、このまま独りで生きていくかも? という覚悟もしています。
死ぬとき誰も看取ってくれないなんて寂しいよ、とアドバイスしてくれた友達もいますけど、
その場面を想像してみたりすることもある。
私にできることは、健康体で病院のお世話にならない生活を続けるよう心がけること。

子供は欲しいけど、どうでしょうか。
環境問題を考えると、子供が成人する頃ってまともに暮らせていかれるんかな?
少子化問題を深刻化させている事態に私も加担しているのは認めますけど、
女だけで子供が産めるわけじゃないですからね~。
うちの兄のように、「重い責任を負いたくない」と明言する男もいますので。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-26 12:29 | 女の人生

ガーン

私の変身写真が、パスワードかけていたのに10人近くの人に閲覧されていた。
パスワード破られた~! ってあまりにも簡単すぎたからだな。

というわけで、一気に難しいパスワードに変更しましたので悪しからず。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-25 22:33 | 日記

2月22日は竹島の日

島根県を応援しよう。
日本が普通の国なら、ここは軍隊が出ていくところだろうけど…。
ああ、もどかしい。

竹島は日本の領土です。
韓国さん、不法占領はお止めください。
言いたいことがあるなら国際法廷で述べたまえ。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-23 22:57 | ニュース

ストリップでよろしく!

印刷業界における「のぞき」と「ストリップ」 | Excite エキサイト

あははは! 思わず笑っちゃいました。

例えば東京の有楽町線に乗っていると、こんな会話が聞けるかもしれないですね。
実際あの路線に乗ってると、周りの会話が「下版」「ゲラ」「色校」なんかで鬱になる~。

ストリップとは、フィルムや印画紙の版に修正が入ったときに、
その訂正箇所だけを剥がして、直したものに張り替える作業をいいます。
って、書いてあるな。

でも、もうこういう印刷会社や製版屋さんは、間もなくなくなります。
「絶滅品種」に加えてください。寂しいですけどね。
時代だからしかたないです。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-23 22:43 | 日記

母よ、すまぬ

昨日母からまたまたお米券5キロ分が届いた。
何だかんだと、本当に親はありがたい存在だ。

でも、これ金券ショップに売ってヘアカット代に充ててもいいかなぁ?>

なんてことは言えず。来月ついに貯金がなくなることも言えず。
ローンに手を出すか、大家さんに家賃を半月待ってもらうか、どっちかだな。

髪切るのガマンしてたんだけど、もう限界なの!
お米は買ったばっかりだから当分しのげるのだ。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-22 21:50 | 日記

百恵ちゃんは赤い激流

韓国から偽ブランド密輸入で逮捕

黒い韓流…(・∀・)イイ!
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-22 21:45 | ニュース

空気が読めない韓国人

ご好評にお応えして、『私の韓国事件簿』第三弾。

韓国人は、基本的に周りに気を配るということができない人たちである。
また、気を配っていたとしても多くの場合、自己本位。自分がやりたいからやる。
相手がそれをどう受け止めるか、迷惑かどうか、ということは考えない。
周囲に気を配れない、気が利かない人間は評判を落とすことになる日本とは大きく異なる。

以上を踏まえて。

私は91年の3月から12月に渡ってソウルに住んでいた。
たった9ヶ月の短い留学生活である。
語学校の最上級クラスに入ったのが91年の秋で、
11月は修学旅行やら遠足やら、いろんなイベントが続いていた。

11月の下旬には、ソウル近郊にある北漢山(プッカンサン)という山へみんなで登りに行った。
ソウル市内にある900メートルくらいの岩山である。
整備された登山コースなどなく、ひたすら手と足を使ってよじ登るといった風情だ。
山頂近くは木が生えておらず、露出した岩肌の登山道からソウル市内を眺望できる。

強烈な風が吹く寒い日だったけど、晴れていたのでソウル市内が一望できた。
いい眺めだった。先生も交えて、みんなで記念撮影をした。
久しぶりに気持ちよく運動をしていい気分になっていた。

この日は、件のハイヒール先輩と韓国人の友達と私の3人で、
私の送別会をやってくれるということで予定があった。
下山の頃は既に日没が迫っていて、当然灯りなどいっさいない山なので、
みんなして焦りながら下山した。
足元が暗くなってきて危険な状態だった。

私は約束の時間に遅れていたので、みんなと離れて足早に歩いていた。
すると、私の前に男女のカップルが歩いていた。彼らを追い抜いた。
今となっては覚えていないけど、追い抜きざまに何かを話しかけられた。
(たぶん「山はどうでしたか」「よかったですか」とか、そんなカンジ)
私がそれに答えた。
すると男が「お、言葉がヘンですね」と言った。
「ええ、日本人なんです」と私。
「あらー、慶尚道(釜山の辺りの地域)の人かと思ったわ~」と彼女。
そして男が言った次の言葉。

「日帝についてどう思いますか?」
(日帝とは、日本に統治されていた時代や当時の日本政府を総称して呼ぶ言葉)

その言葉に、せっかくの今日のいい気分を台無しにされた! と、プチッとキレた。
「今はその話はしたくありません」と、冷たく言い放ってその二人から離れた。
彼らもしまった、と思ったらしくそれ以降一切言葉を発しなかった。

なんでただの通りすがりの、見ず知らずのあんたに、
そんな込み入った話する必要があんの?
せっかく素敵な景色見ていい気分だったのに、あんたのせいで台無しだよ!


と、かなり頭から湯気が出ていたはずの私。

この頃はもう韓国の生活に慣れて(そして韓国が嫌いになって)いたので、
日本の植民地(じゃないけどね)のネタをふられると、いいかげんイライラしてくるようになっていた。
彼らは、どうしても日本人を見ると問い詰めたくなるらしい。
初対面でも、名も知らぬ人でも関係ないのだ。
当時は、竹島問題はそれほどヒートアップしてなかった(そのころは「従軍慰安婦」>pu)けど、
いまはきっとそれについて問い詰められる日本人が多いのだろう。

空気の読めない韓国人のネタはまだありますので、第四弾をお待ちあれ。
[PR]
by yeppun_i | 2005-02-21 22:16 | koreaなこと