「ほっ」と。キャンペーン

yeppun_iの日常的スクラップ

hwagaja.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

車がキタ━(゚∀゚)━!

おとといのことですが、ついについに来ましたよ!!
中古で買いました「トヨタ パッソレーシー TRDスポーツM」です。

b0018694_13433287.jpg


b0018694_13445950.jpg
今まで乗っていた軽のムーブちゃんは廃車になりました。
こっちに来て選択の余地なく乗っていた車ですが、さすがにお別れかと思うと少し寂しくなりました。

b0018694_13462294.jpg

でもこのコのおかげでマニュアル車が運転できるようになったし。感謝感謝。

b0018694_13472210.jpg通常のパッソよりイカツイ顔でしょー?


b0018694_13475993.jpg

まさか自分がトヨタ車をチョイスするとはねぇ。
王道をあえて選ばない人間なんですが。
何気なく入ったトヨタ販売の店頭で出会ってしまったのー。
パッソなのにマニュアル車! コンパクトカーでマニュアル車!

資金は母からもらったお金と身内から借りたお金です。
早く返せるようにがんばります。
ホントにありがとうございました。大事に乗って行きたいです。
[PR]
by yeppun_i | 2012-05-31 14:00 | 日記

4年越しの約束がついに\(~o~)/

私が乗っている車は、5MTの初代ダイハツムーヴ。
夫の親戚の伝手で、廃車にしようとしていたものを6万で譲ってもらった。

これにはいきさつがある。
結婚する際、実家の母が
「お祝いとして100万円やるから、この先何か困ったことがあるまで大事にとっておきなさい」
と言った。

私は東京で車を持っていなかったけど、田舎では車は必須。
陸の孤島の県南、公共交通機関なんてほぼ役に立たず。
二人で「車、どうしよう?」という話をしていた(当時は貯金が底をつき車の資金はなかった)ので、
母に「そのお金、車買うのに使っていいかなぁ?」と聞いてみた。

すると、

母「ダメ! あんた彼が車持ってるじゃない!」
私「だって仕事行くのに使うし、私だって車ないと仕事にも行けないよ!」
「あんたは自転車で行きなさい!」
私「こんなとこで自転車乗れるわけないじゃん!」
母「ダメ! とにかくそういうことに使うならお金やんない!」

とケチがつき、お祝い金をもらうことができなかった。
冬の凍結の道と民家のある土地の標高差が500メートル近くあるのに、自転車で行けって暴言だよな!
下伊那は山の勾配がめちゃキツイんだぞ!

この話を夫の親戚に話したら、
母の無理解に笑いながらもいろいろ考えてくれ、廃車寸前のムーヴを私に譲ってくれたのだ。
実はもうあちこち壊れかかっていて、そろそろ寿命か? という状況。

昨年秋に両親と叔父叔母、従姉がこちらに遊びに来て、
こっちの坂道の長さと勾配の激しさに驚いてたよなぁー。
私、「自転車で行けなんて無理だよね!」と何度も嫌味を言いました。

その時その車を譲ってくれた親戚の果樹園へリンゴ狩りをしにお邪魔したけど、
そこの奥さんが

「ここは郵便局行くにも、銀行行くにも、買い物行くにも、病院行くにも車がないと生活できませんよ」

と援護射撃してくれたのだ。
さすがの母は苦笑いしながら「すみませぇん」と小さくなっていた。

前振りが長くなったけど、先日、毎年恒例のタケノコを実家に送ったら、
母の「何か要るものあるなら送るから言いなさい」という留守電メッセージが入っていた。

前々から冗談で「あの時の100万、今になってくれないかな?」と夫と話していたけど、
ダメもとで母に「実は、要るものは車、もうあちこち壊れかかっていて困っている」と話してみた。
そうしたら「2・30万あげる。これで買える?」と言ってくれた!
100万には足りないけど助かる! と夫に話し、車のローンについていろいろ調べていた。

で、次の日には「100万送るからー」という留守電が入っているではないか!
「約束してたもんね」と言ってくれた。
「どうせお金貯めらんないんでしょ」とも言われたけど(笑)。
ああ、母よありがとう! 感謝感謝でございます!
これからもタケノコ、リンゴ、市田柿やお米送ります。

というわけで、長年ほしかったコンパクトな普通車を買うことになりそうです。

この年末年始、夫がヘルニアで私の帰省に同行することができず、
図らずも一人で高速道路デビュー(レンタカー)して実家に帰りました。
そんなこともあり、ムーヴの限界を感じていたところでした。
母がくれたお金で買った車、大事に大事に乗っていきたいです。
[PR]
by yeppun_i | 2012-05-02 14:46 | 日記